xismo で初めてのUV展開 LSCM自動展開を試す

xismoでLSCM自動展開の機能を使って初めてのUV展開をしてみましょう。

今回は簡単に説明したいので立方体、つまりサイコロのUV展開をします。立方体なので6面しかなく歪みようがないんですけど初めてのUV展開ということで簡素に簡潔にします。

サイコロのUV展開

  1. それではプリミティブの立方体を作成してからノード処理でポリゴン化してください。立方体をポリゴン化
  2. 前面ボタンを押して全面が表示されるようにします。前面をオフ
  3. ユニバーサルツールのハンドルのチェックを外し、辺を選択します。シフトキーを押しながら選択していくと追加選択できます。画像の通り7辺選択してください。辺の選択
  4. メニューの【UV】【LSCM自動展開】を選択します。LSCM自動展開の選択
  5. 何も変化がないみたいですけどUVの画面が表示されてないので【二画面】を選択します。二画面の選択
  6. 選択した辺にそってUV展開ができました。UV展開
  7. シェーダを追加してテクスチャを追加して描くと完成です。サイコロのUV展開

まとめ

絵心がないとサイコロに見えない。

シェアする

コメント

トラックバック

トラックバック用URL
http://www.youyoukankan.net/cms/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=131
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません